ナツノウミ 〜なつみSIDE〜

海をみたことがない。
このあいだ8さいになったけど、わたしはいちども海をみたことがない。
山にかこまれた、りんごとおそばとわさびがめいぶつのここで、わたしは生まれた。

わたしはパパをしらない。
わたしに「なつみ」となまえをつけたパパは、とおいとおいむかし、お空にいってしまったんだって、ママがいってた。
だから、ちっちゃくてはたらきもののママだけが、わたしのかぞくだ。
一がっきのさいごの日、なかよしのはるちゃんとおうちにかえるとき

「ことしはみんなで海にいくの♪」

ときいた。
いいなぁ……わたしも海、みてみたい。
だいたい、パパはなんでわたしに「夏海」なんてなまえをつけたんだろう?ここには海なんてないのに。

おゆうはんのじかん、アジのひらきをつつきながら、わたしはそんなことをかんがえていた。じょうずにたべられなくて、おさかなはどんどんつめたくなっていく。
このおさかなも、海からきたんだよね……。

「なつみ〜、早く食べちゃいな〜」

あらいものをしながら、ママがわたしに声をかける。
今日も、ワシャワシャしていいかげんみたいなのに、なぜかかわいくキマってるヘアと白いシャツにジーンズ。
いつもかわいくてモテモテのママは、私のじまん♪
ママは、これからまたおしごとだ。

「ねー、ママ……」

そのときわたしは、ちょっとだけためらいがちだったと思う。
だってママは、まいにちいっぱいはたらいてる。ひるもよるもずっと。だから、それをいったら、きっとおかあさんはこまってしまう。だけどそれは、私の口からぽろりとこぼれてしまった。

「ママ、はるちゃんがね、なつやすみ海にいくんだって……」
「そっかー……」

わ!いっちゃった!
私は、おそるおそるママのせなかを見る。
おなべについたおこげを取るのをあきらめたママは、てんじょうを見てふぅとためいきをついた。こまっちゃったかな?それともおこっちゃった?
私はなんだかぎゅうっとなってしまって、やっぱり言うんじゃなかったとおもった。

「あのね、ちが……」
「うん、じゃあ私たちも海、行こっか♪」
「……え?」

おもってもなかったママのことばに、わたしはびっくりしてしまった。

「え!え!? でも、おしごと……」
「大丈夫だよ、一日くらい♪ 夏海は海、行ったことなかったもんね」

あれよあれよの間に、ママは3つのしょくばぜんぶにおやすみしますといって、ママのちっちゃな車で海にいくことになった。
ママはごきげんでハンドルをにぎってる。
サンドイッチ作って、バスケットにつめて、ママとわたしをのせて車がはしる。

はじめてのこうそくどうろに二人でキャーキャーいって、はじめてサービスエリアに入ってまたキャーキャーいって、こうそくどうろをおりると、わたしたちの目にキラキラの海がとびこんできた!

車をおりると、ふしぎなにおいのする風がふいていた。
ざざーっ、ざざーっという音が、いろんなところからきこえる。
はじめてみた海は、えのぐセットのあいいろをたくさんとかしたみたいに青くて、なのにちかくの水はとうめいで、なんだかふしぎ!

「夏海、海、入ってみよっか♪」

ママにいわれて、ぴた、と海の中に足を入れてみる。足の下のすながどんどんなくなっていくかんじがおもしろくて、わたしはむちゅうになる。
なんだかたのしくて、ママにもおしえたくてふりかえると、ママが目になみだをいっぱいためてないていた。

「ママ!どうしたの?どこかいたいの?」

ふるふると、ママはあたまをふってちがう、って言う

「かなしいことあったの?わたしがママをかなしくしちゃったの?」
「違うよ、夏海……ママね、嬉しいの。ママね、パパのこと思い出してたの」
「パパって、どんなひとだったの?」
「素敵な人よ。世界一素敵な人」
「いまでもパパのことすき?」
「うん、大好き。パパとママはね、この海で出逢って、恋して、そして夏海が産まれたの。夏海は、パパがママにくれた、最高のプレゼントなのよ。だから夏の海で夏海。私達の愛の証」
「ママ、なんだかかわいいね♪」
「えへへ、ありがと♡」

ママは、なきながらわらった。
うん、ママはかわいいよ。こんなにいっしょうけんめい、いなくなってしまっても、ずっとパパをすきなママを、わたしはすごくかわいいとおもった。
こんなにパパをすきなママも、こんなにかわいいママをすきでいっぱいにしちゃったパパも、とってもすてきだとおもった。

おとなになったら、わたしもあえるかな?
ママにとってのパパみたいなひと♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です